知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

自分でできない虫歯予防

早期治療より早期予防

虫歯治療に求められるものも、時代と共に変化しつつあります。かつては、「虫歯はたとえ小さいものでも、すぐに削り落とすことによって治療するのが良い」とされていたこともありました。というのは、虫歯を放置しておくと進行してしまうので、とにかく削るしかないと考えられていたのです。

しかしその後、研究に研究を重ね合わせた結果、医療技術も進化し、今までの「虫歯を即削り落とす」考え方は変わりました。歯磨きやフッ素、プラークコントロールなどをはじめとした予防法によって虫歯を食い止めることができるなら、虫歯を削らないで様子を見た方が、結果として歯を痛めつけなくて済むということが明らかになりました。

一度歯を削ってしまえば、もうその歯を活かしてあげることはできません。しかし、様々な予防により、歯を大切にするなら、その歯は再び活かされます。 今の時代においては、早期治療よりも早期予防の方により重点が置かれています。

但し、例外として、予防法によって手を打っても虫歯を回避できない場合は、やむを得ず治療するハメになりますが、虫歯は急速には悪化しません。そのため、「早期治療より早期予防」という考えの下、専門家たちはできるだけ早期予防の範疇で済ませようと努力します。

大切な歯を、早期治療で殺すのは、あまりにももったいないことです。それよりも、何かしらの早期予防で活かしたいところです。様々な予防法とコンスタントなケアによって、歯を一生にわたって守っていきましょう。早期予防は、自身にとっても専門家によっても、良いことだらけです。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved