知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

自分でできない虫歯予防

定期的なメンテナンス

全ての虫歯予防を、専門家に頼らず自分自身で行えれば、それに越したことはありません。虫歯や歯周病を予防するにあたっては、歯磨きなどをはじめとした自分自身による毎日のケアが最も重要ですが、やはり全てのケアを自分自身で十分に完結することは不可能です。そこで、自分ではできないケアを歯の専門家である歯医者に委ねることになります。

メンテナンスでは主に、口内の検査をします。新しい虫歯や歯周病は発生していないかについては勿論のこと、プラークコントロールが能率よくできているかなどについても検査します。必要があれば、プラークコントロールや歯磨きの方法などのアドバイスを受けることもできます。また、専用の器具によって、自分では取るのが難しい歯石を除去します。

専門家に委ねる以上、それなりの料金も発生してきます。一体いくらぐらいの費用がかかるのか、おおよその金額についてお話します。保険が使える場合、3割負担だとすれば、1回あたり約2000円~3000円です。

反対に、保険が適用されない場合、1回あたり約5000円~1000円です。ただし、これらの金額はあくまで目安でしかありません。実際はメンテナンスの内容によって若干の違いがある旨、肝に命じておく必要があります。

メンテナンスは、たいていの場合、3ヶ月に1回の割合で受けます。但し、特に虫歯などについて大きな問題がなければ、半年に1回で十分な場合もあります。逆に、虫歯や歯周病予備軍に相当する場合は、1週間に1回というペースで頻繁に通うことになります。そう考えると、状態が良くなれば良くなるほど、メンテナンスの間隔が長くなり、比較的安価に抑えることができます。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved