知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

歯周病

歯周病の原因

歯周病になるからには、自分自身も気づいていない何かしらの原因が存在します。では、歯周病の原因は、一体どこにあるのでしょうか。

「歯石」「歯垢」「細菌」おそらくこういった原因を想像するでしょう。これらの天敵が口内に繁殖して炎症や膿を起こすことで歯周病になる、確かにその考え方も間違いではないです。でも、歯周病の最大の要因はもっと身近で日常生活に起因しています。だから、専門家に頼らなくても、自分自身でケアできます。

歯周病の最大の原因、それは食べかすです。これは、虫歯に限ったことではなく、歯周病を進展させる最大の要因でもあるのです。また、食べかすは「噛む」行為と大きな関連があります。意外に聞こえるかもしれませんが、噛むという行為が、歯周病から遠ざけてくれるのです。よく噛んで食べることで、歯の周りの汚れをも一緒に取り去ってくれるので、知らず知らずのうちに細菌が溜まらないようになっているのです。

逆に、あまり噛まないで飲みこむと、歯と歯の間に食べかすが溜まります。そして、その食べカスは噛む行為によって十分に栄養が消化されない状態なので、栄養分がいっぱい残っています。それゆえ、細菌たちの餌になるのです。食べ物を噛む際は、できれば固い食べ物を何度も噛むのが理想的です。

言うまでも無く、固い食べ物であれば、何度も噛まないと飲み込むことができません。十分噛まないうちに飲み込もうとすれば、喉に引っかかります。つまり、歯周病になりたくないのなら、まずは「噛む」という課題を自身に課すことが求められるのです。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved