知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

歯周病

歯周病とは?

虫歯同様、歯の病気の中でも代表的とされている歯周病についてお話します。一般的には「歯周病」とひとくくりにされていますが、実は様々なタイプの歯周病があります。細かい話はさておき、こではまず、歯周病とはどんな病気なのかについて、簡潔に説明します。

歯周病とは、一言で言うと、歯の表面に付着する歯垢、通称プラークによっておこる「歯の周りの病気」です。よく考えてみれば、まさに読んで字の如くです。歯周病は、虫歯とは比べ物にならないほど致命傷です。

というのは、歯周組織が歯垢に含まれている歯周病菌に感染し、歯肉が腫れ、出血することを繰り返すと、歯が抜けてしまうという大惨事に繋がるぐらいの大きな病気だからです。そして歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」とに分類されます。歯肉炎とは、歯肉が炎症して出血し、腫れる病気を指し、逆に歯周炎とは、歯を支えている歯槽骨が破壊される病気を指します。

とりわけ初期の歯周病は、あまり痛みを感じないため、歯周病に気づいている人はそう多くありません。しかし、実際には8割以上の日本人の成人が、歯周病という大病に侵されているとも言われています。もはや歯周病は、自分自身には関係ない他人事の問題ではありません。にも関わらず、過半数の日本人が、大病に無関心なんて、本当に恐ろしい話です。

ちなみに、歯槽膿漏という言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか。厳密には歯槽膿漏は「歯周組織から膿が出る」症状のことを指し、歯周病という大カテゴリーの中に歯槽膿漏という小カテゴリーが存在するといった関係になります。しかし、最近では歯槽膿漏と歯周病が全く同じ定義の症状とみなされています。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved