知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

自分でできる虫歯予防

キシリトールガム

最近コンビニなどで見かけるのは、液体歯磨きだけではありません。キシリトールガムも液体歯磨きに劣らず、頻繁にお店に並んでいます。果たして、歯ブラシを使用した歯磨きや液体歯磨き同様、虫歯予防が効果的にできるのでしょうか。また、虫歯予防のガムとして、お菓子としてのガムと、ハッキリと差別化できるのでしょうか。

キシリトールガムは、スキマ時間を利用して歯を磨くという目的があります。ガムで歯を磨くというと、どこか矛盾があるようにも聞こえます。一見効果が無いように見えますが、キシリトールガムの効果は、驚くことに3つの働きがあると言われているぐらいなのです。では、3つの働きとは、一体どんな働きか、詳しく見ていきましょう。

まずは、歯の表面や隙間などに残っている食べカスや歯垢を落とす働きです。当然ですが、歯の表面や隙間に食べカスが残っている状態が続くと、虫歯になります。ガムの中に含まれている粒子が、虫歯の原因である食べカスや歯垢を除去してくれます。次に、唾液をより多く分泌し、大量の唾液が細菌を流すことで、虫歯になりづらくする働きです。

キシリトールガムは、お菓子としてのガムに比べ、固めにできているので、沢山噛んでも小さくなることはなく、むしろ「噛む」という行為を繰り返すことで、唾液を出す仕組みになっています。そして最後に、キシリトールによって酸を発生させない働きです。菌の好物である酸を発生させないことが、虫歯を予防する重要なファクターであるのは言うまでもありません。キシリトールには、酸を食い止める効果もあるのです。

このように考えてみると、キシリトールガムは、お菓子としてのガムにはない「虫歯予防」としての効果を発揮していることが分かります。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved