知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

自分でできる虫歯予防

食事の摂り方

グルメな人にとっては、特に食事の誘惑ほど辛いものはないでしょう。でも、同じ食生活を楽しむなら、やはり虫歯のリスクが少ない方が望ましいのは、当然ながら言うまでもないことです。それなら「食事も普段のケアのうち」と自覚し、食事と虫歯、唾液の関係についての正しい知識を身につけ、身に着けた知識を日常生活で実践していくことが必要になります。

実は、睡眠中は起きている時間に比べ、口内でプロデュースされる唾液の量が大幅に減少します。それゆえ、就寝前に飲食をすると、睡眠中に唾液が上手く機能しないため、唾液が細菌を洗い流してくれません。

そのため、口内が酸性に傾いた状態が続き、虫歯に侵されるリスクが一気に高まります。このような唾液と睡眠の関係を考えると、できれば就寝前の飲食は避けたいところです。でも、空腹に耐えられずにどうしてもいう場合は、最低でも必ず食事後すぐに歯磨きを行うことが求められます。

また、おやつなどの間食は、食後すぐに摂る方が効果的です。コース料理のデザートなどもそうです。食事すれば口内は酸性に傾き、一度酸性になったものを中性からアルカリ性へと繋げていくには、時間と労力が必要とされます。

でも、間食を摂ることで、口内を酸性に逆戻りさせてしまうことになるのです。間食は本当に能率の悪い行為です。そう考えると、間食をするのではなく、食後におやつやデザートをたしなむ方が、虫歯予防を意識した食生活をエンジョイしていると言えます。 無駄な就寝前の飲食や食事間の間食を控え、虫歯を防いでいきましょう。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved