知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

自分でできる虫歯予防

歯間ブラシの使用

歯と歯の間に詰まっている歯垢は、歯ブラシではなかなか除去できません。ここで、歯間ブラシの登場です。この道具は、より細かいケアに向いているので、大変ありがたいツールです。よく爪楊枝と一緒にされがちなのですが、歯間ブラシと爪楊枝は全く異なるツールです。

歯間ブラシは「歯と歯の間を効果的に掃除する」という役割を果たすために、細い針金が使用されており、針金の部分に細かい毛が付いているのです。そういう点では爪楊枝とは用途が違います。

歯間ブラシには、大きく分けて2種類あります。一つはI字型で、もう一つはL字型と呼ばれています。前者のI字型は、アルファベットのIの字のように、直線っぽいデザインです。そのため、無駄な力を入れないで手が疲れることなく前歯の掃除ができます。

それに対して後者のL字型は、アルファベットのLの字のように、二つの直線が直角を形作るようなデザインです。そのため、なかなか届かない奥歯の掃除ができます。ちなみに最近は、用途によってI字型とL字型の両方の役割を果たせる一人二役的な歯間ブラシも販売されています。

もちろん歯間ブラシも効果的な使用法があります。まず、一つの箇所を数回掃除することです。歯垢はなかなかしつこいので、一回では落ちません。そして、歯間ブラシを使用したら必ず水で洗って汚れを落とし、清潔な状態を保つことです。万が一使って汚れを落とさないで放置しておいては、次回使用する際に汚れが口内に侵入します。これでは、歯間ブラシを使って歯と歯の間の歯垢を除去する意味がありません。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved