知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

自分でできる虫歯予防

プラークコントロール

プラークコントロールとは、簡単に言えば、歯周病の元になっている細菌の増殖を防ぐことで、歯に無駄に歯垢を溜めることなく、歯周病を食い止める予防法のことを言います。虫歯ができる原因の一つとして、歯垢、つまり、プラークが考えられます。

たとえ毎日正しい方法で歯磨きをしたとしても、歯と歯の間に歯垢がに多く溜まっていれば、結局は虫歯に悩まされるハメになります。そう考えると、プラークコントロールは、歯磨きと並んで入念に行うべきケアと言えるでしょう。

ではここで、歯石と歯垢の違いについて、今一度振り返ってみましょう。歯石と歯垢は同じものと捉えられることも少なくないのですが、実際は全く異質の物質です。歯石は接着剤のように歯に付着しているので、自分で取り除くことは殆ど不可能です。それに対し、細菌の塊である歯垢は、歯石よりも柔らかいです。

そのため、初期の段階であれば、歯周組織に付着しても歯周病や虫歯にならないうちに、ある程度は除去することができます。しかし、全ての歯垢を完全に取り除くとなると、かなり手間もかかります。そこで、これ以上細菌を増殖させないことに視点を変えます。このように考えると、真のプラークコントロールとは、歯垢を除去するというよりも、新たに歯垢の原因となる細菌を口内に発生させないことを指すと言って良いでしょう。

プラークコントロールは、毎日の食事後に行うと効果的です。というのは、歯垢の歯への付着は、食事後に最も頻繁に起こります。この「歯垢ラッシュアワー」を狙って集中的に細菌を増殖させないようにするのです。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved