知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

虫歯になる流れ

歯の脱灰と再石灰化

では次に、脱灰という現象について詳しく見てみましょう。 その前に、脱灰という言葉を初めて耳にした方もいらっしゃるかもしれません。また、脱灰についてすんなり理解できるようにするために、今までに学んだことを、ここで再度整理してみることにします。

虫歯は、細菌の増殖や付着によって、口内の状態がより酸性の方向に傾き、歯や骨を形成しているカルシウムが溶け出すことで起こります。歯の中に存在するエナメル質、象牙質、セメント質は、ハイドロキシアパタイトとも呼ばれているリン酸カルシウムでできています。

虫歯菌は、食べかすによる糖質や炭水化物から、歯を溶かすための酸を作り出し、この悪質な酸という物質が、歯をリン酸とカルシウムに分解します。この一連の流れを脱灰といい、この脱灰を通り越すと虫歯が本格的になります。

しかし、面白いことに、アルカリ性の唾液が上手く機能してくれることによって、脱灰した歯が修復されます。実は歯だけでなく、唾液にもカルシウム、リン酸、フッ素といった虫歯に効果的な物質が含まれているのですが、唾液に含まれるこれらの物質の働きによって脱灰は阻止されます。この脱灰の阻止のことを、再石灰化と言います。この地点では、歯のエナメル質の表面が白く濁って見えます。同時に虫歯の初期段階でもあり、この段階ではまだ痛みはなく、虫歯を早期発見できれば、治療も軽く済みます。

この流れを元に考えてみると、唾液を上手く活用できるかどうかが、再石灰化できるかどうかの分かれ道になると言って良いでしょう。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved