知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

虫歯になる流れ

糖の分解・酸の形成

歯の表面に付着した細菌は、糖分に含まれる糖質を分解して、グルカン(多糖類)と呼ばれる、ねばねばした物質を作ります。ここで「ミュータンス菌」という悪役の登場です。ミュータンス菌とは、正式にはストレプトコッカス・ミュータンス菌とも言います。

ではこのミュータンス菌、歯がどういう状態の時に増殖し、逆にどういう状態の時に減少するのでしょうか?これには、摂取した糖の量が関係してきます。砂糖を筆頭とした糖分を必要以上に頻繁に摂取していると、歯の表面に付着しているストレプトコッカス・ミュータンス菌が更に増殖し、あっという間に唾液が酸性へと変化します。

ストレプトコッカス・ミュータンス菌は口内の糖を分解し、酸を出すことによって歯を溶かします。どんなに歯が丈夫でも、長時間にわたって歯を酸と共に浸しておけば、歯はどんどん解けていきます。

ここでPHという専門用語が関連してきます。PHと書いてペーハーと読むのですが、これは物質の酸性、アルカリ性の度合いを示す値のことで、数値が低いほど酸性、高いほどアルカリ性になります。砂糖をはじめ、糖を含んだ物を口に入れることで、プラークが酸を生み出し、口の中のPHは中性から酸性へと傾きます。一般的にはPH7前後が中性になると言われていますが、酸が発生してからPHがおよそ5.5以下になると、皮肉なことに歯が溶け出してしまいます。

一度口内が酸性に傾いても、約40分から50分で元の中性の状態のPHに戻ります。しかし、PHの値が下がる状態が継続すれば、更に歯が解けて穴が開き、苦しい虫歯と悪戦苦闘するハメになるのです。 このように考えてみると、「多量の糖の摂取」→「PHが下がり歯の中が酸性になる」→「歯を溶かす」という一連の流れが出来上がっていることに気づきます。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved