知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

虫歯になる流れ

細菌の感染及び付着

では、虫歯の原因である細菌について説明してみましょう。虫歯になった時に、歯の表面にネバネバした気持ち悪いものを感じたことはありませんか?「このネバネバ、もしかして虫歯の前兆なんじゃない?」と疑ったことありませんか?

実はその通りで、まさに虫歯へのスタートラインそのものなのです。もう少し細かく言うと、実はこれは、歯に細菌が付着することから起こった現象なのです。コンスタントな歯磨きなどのケアを怠り、口の中に食べカスを放置しておくことで、口内に細菌が増殖することは今更言うまでもありません。

皮肉なことに、細菌は本当に厄介なもので、必死で除去する努力をしない限りは、雪だるま式に倍々方式で増えていきます。そして細菌が増えれば増えるほど、自力で感染した細菌を除去するのはより難しくなるのです。

初期の段階では、口内に細菌が発生するだけなのですが、やがて細菌が歯の表面に付着しはじめます。細菌にとって歯の表面は、いわば住みかみたいなもので、一度付着するとなかなか歯の表面から離れてくれません。私たちの口の中には、様々な細菌が存在しています。その中でも最も大きな位置を占めるのが、「ミュータンス菌」と「ラクトバチラス菌」です。

この2つの代表的な菌を含めた多くの細菌が、歯の表面に付着しはじめます。ではこの後、どうなるでしょうか?歯に付着した細菌は、糖の分解や酸の形成といった様々なプロセスを経て、プラーク、いわゆる歯垢、へと変化していきます。この後のプロセスについては、次頁以降で詳しく説明します。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved