知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

歯みがきの心構え

歯ブラシの選び方

歯ブラシにも色々な種類があり、一体どういう基準で選んだら良いのか分からないという方もいることでしょう。最も重視した方が良いのは、「歯ブラシの毛先」です。歯ブラシの毛先は大きく分けて、硬いものと柔らかいものとあります。どちらが良いかについては一長一短があり、本人が歯磨きに対して何を求めるかによって変わってきます。

まず、毛先の硬い歯ブラシです。これは、歯垢などのしつこい汚れを落とすには優れていますが、力を入れすぎてしまうと、歯や歯肉に大きな負担がかかることになります。

逆に毛先の柔らかい歯ブラシは、歯や歯肉に対して滑らかで優しいのですが、頑固な歯垢と戦うにはちょっと物足りないです。このように、長所もあればその分短所もあるのが歯ブラシなのですが、もし「汚れに対する強さ」も「歯や歯肉に対する優しさ」も求めたいのであれば、二種類の歯ブラシを購入することをお勧めします。

そして、次に歯ブラシの先端のサイズについてです。これは、小さい方が長い目で考えたら使いやすいです。というのは、先端が小さい方が、届きづらい奥歯もしっかり磨くことができます。歯の中でも奥歯側は特に磨き残しが多い部分とされているので、そう考えると、より細部に渡って手厚くケアできる歯ブラシの方が理想的です。

歯ブラシは虫歯予防のための必要不可欠なツールで、毎日愛用します。「たかが歯ブラシ」ではなく「されど歯ブラシ」です。歯ブラシを購入する際は、「この歯ブラシは本当に自分のニーズを満たしてくれるのか」と自問自答しましょう。あなたの心が求めているもの(理想)と歯ブラシの役割(現実)がマッチしたら、あなたはその歯ブラシを愛用すべきなのです。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved