知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

歯みがきの心構え

力をいれすぎない

テニスでは、ストロークやサーブなどボールを打つ行為だけでなく、正しくラケットを持つことも技術の一つと見なされています。どんなにストロークやサーブを必死に頑張っても、ラケットを正しく握れていなければ、ボールがとんでもない方向に飛んでいきます。

歯磨きも同じことが言えます。継続的で入念に歯磨きするのはもちろんですが、歯ブラシの持ち方も効果的な虫歯予防のカギを握っています。歯ブラシの持ち方は何種類かあるのですが、最もポピュラーなのは、ペンを持つ感じで軽く持つ方法です。

この際、肩に力を入れないで、リラックスして持ちます。ポイントは、歯ブラシを手のひらで「握る」というよりは、歯ブラシを指で「支える」ことです。そうすれば、歯ブラシに無駄な力が加わらずに、スムーズにブラッシングができます。

しかし、多くの人が、歯ブラシの持ち方を間違っているのではないでしょうか。言い換えれば、力を入れすぎていませんか。必要以上に力を入れすぎると、歯や歯肉を傷つけてしまいます。そして、次の日に腫れたりします。「歯磨き」という正しい行為をしているのに関わらず、知らないうちに大切な歯や歯肉を傷つけてしまっているのはなぜでしょう。

子供の頃、「よく磨きなさい」と大人に言われたことは多くの人が経験あるでしょう。実は大人の言葉足らずな指導により、「よく磨く」イコール「力を入れて磨く」と勘違いしていたのです。でも「よく磨く」のと「力を入れて磨く」のとは全く意味が違います。今一度、正しい歯ブラシの持ち方を見直してみましょう。くれぐれも、これ以上歯や歯肉を傷つけないようにしたいものです。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved