知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

歯みがきの心構え

きめ細かさが大切

仕事も勉強も遊びも、「量」「質」どちらも満足のいくものであれば申し分ないのですが、いつも理想通りになるとは限りません。量ばかりに目がいってしない、質が低下することもあれば、逆に質ばかりに目がいってしまい、量に納得できないこともあります。

歯磨きでも、やはり「量」「質」といったものが関係してきます。もし二つのうち一つだけゲットできるとしたら、どちらを選べば良いのでしょうか。ズバリ言います。「質」です。適当に歯を磨いても、結局口内に無駄な歯垢や食べかすを残すことになります。

仮に一日に10回歯磨きをしたとしても、歯の細部まで入念なケアが行き渡っていなければ、結局は歯磨きをしていないのと同じです。これでは歯磨きをする意味がないし、そもそも虫歯予防という歯磨きの本来の目的を達成できていません。歯磨きの回数は、できれば朝昼夜の3回、最低でも朝夜2回で十分です。

問題は、1回の歯磨きで、どこまで丁寧にケアできるかにかかっています。もちろん、奥歯や歯間など、歯ブラシでは届かない箇所は歯間ブラシを使っても構いません。更に殺菌力を強めるためにフッ素や液体歯磨きを使うのもアリです。 更に余力のある人は、歯垢染色剤を使うと良いです。歯磨き後に使用すると、赤く染まる部分もあります。これは磨き残してしまった部分です。次の日からこの赤く染まった部分を意識して歯磨きをしていけば、徐々に歯磨きの腕も上がり、より密度の高い虫歯予防ができます。

たとえ1回の歯磨きで時間がかかっても、それは全く問題ではありません。むしろ「急がば回れ」の精神で入念にケアすることが、真の虫歯予防へと繋がっていきます。早く走ろうと気持ちばかり焦ってエンストして失格になるF1レーサーより、遅くても確実にゴールするF1レーサーになりましょう。歯磨きは「量」より「質」なのです。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved