知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。

虫歯の原因
細菌
虫歯になる流れ
細菌の感染及び付着
糖の分解・酸の形成
酸とアルカリの関係
カルシウム摂取の大切さ
歯の脱灰と再石灰化
歯周病
歯周病とは
歯周病における歯周組織の変化
様々な歯周病
歯周病の原因
歯周病治療
歯周病予防のために
虫歯と他の病気の関連性
虫歯と頭痛と体力低下
自分でできる虫歯予防
毎日の歯みがき
プラークコントロール
フッ素
液体歯みがき
歯間ブラシの使用
食事の摂り方
キシリトールガム
自分でできない虫歯予防
定期的なメンテナンス
早期治療より早期予防
歯みがきの心構え
継続は力なり
きめ細かさが大切
力を入れすぎない
歯ブラシの選び方
虫歯の応急処置
応急処置の目的
応急処置の手順
応急処置後の心構え
応急処置に備えて

虫歯と他の病気の関連性

虫歯と頭痛と体力低下

虫歯になった際、頭痛に襲われたり、肩が異常に凝ったり、体全体がだるく感じたことはありませんか。虫歯の治療だけで完結するならまだしも、虫歯以外の症状も悪化するのですから、たまりません。

世間では虫歯は他の病気と関係がないと思われがちですが、実はその逆で、虫歯も頭痛も肩こりも、全てが密接に関わっており、深い因果関係が存在するのです。だから不幸なことにも虫歯と頭痛や肩こりが同時に起こることもあるのです。

もし虫歯で痛む部分で食べ物を噛んだらどうなるでしょうか。痛みに痛みが増して、患部を更に傷つけてしまいます。痛い部分で噛むのを避けるようになり、患部とは反対側の歯を頻繁に使用するようになります。今までとは違って、大変バランスの悪い歯の使い方をしているのです。歯のバランスが崩れれば、体全体のバランスも崩れます。

そうなると、歯の噛み合わせがマッチしないだけでなく、立ったり座ったりする際の姿勢も悪くなるのです。姿勢が悪くなれば、体の上半身、とりわけ肩への負担が大きくなり、肩の筋肉が疲れやすくなります。この結果肩こりが慢性的になり、肩こりが頭痛へと繋がっていきます。偏頭痛に悩まされるケースも決して少なくありません。

これまで健康だった歯が虫歯に侵されてしまったがために、頭痛や肩こりが更にひどくなってしまっては、目も当てられません。そうならないよう、日ごろからコンスタントな虫歯予防を心がけ、自身の体を確実に守っていくことが求められます。虫歯という体力を奪う悪者に負けない生活習慣を確立させていきましょう。

Copyright (C) 知っておきたい虫歯対策!自分の歯を守るために。 All Rights Reserved